2019年06月23日

嫌われ続けたから、西野さんはやさしい

一時は、日本で一番嫌われているお笑い芸人
とも呼ばれたキングコング西野亮廣さん。

だが、その時の孤立をバネに新世界への扉を開いたのだった。

現在は、絵本作家としても活躍をしている西野さんだけど、
その洞察力や表現力は、独特で深い。

炎上やバッシングだらけの世の中になってしまったけれど、
その苦しみの中で成長する人も多いのかもね。

今回紹介するのは、”泣けるビジネス書”と評価された
彼の著書「新世界」。

キーワードは、信用。

一度はそれを失った人だからこそ、
たどりついた結論かもしれない。

「大丈夫。まだ間に合う。」
には、目頭を熱くさせられるだろう。

posted by さくらもち at 17:53| Comment(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする