2012年08月02日

アインシュタイン式・子供の論理脳ドリル

アインシュタイン式 子供の論理脳ドリル


複雑に見えているものを単純にしていくこと。
そのためには、ひとつひとつ問題を解いていく。

「アインシュタイン式論理脳ドリル」では、
正しいステップを踏んでいけば、
必ずゴールに到達できることを学べるだろう。

その基礎編になる。




その解き方は、
与えられたいくつかの条件を読んで、
縦と横に項目が並んだマトリックス表の
それぞれの正しい場所を推理していくといったものだ。

たとえば、3部屋並んだ2階建ての建物
(つまり上下に3部屋ずつ計6部屋)
をイメージして、Aさんの上には、Dさんが住んでいて・・・
みたいなかんじだ。

ちなみに、将来、公務員になりたいという人がいたら、
公務員試験にも似た推理問題があるので、
きっと役に立つと思う。

正しいステップで
一歩一歩、進むのさ。

ラベル:数学
posted by さくらもち at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本、児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック