2012年12月08日

聞く力

対話する人を楽しい気分にさせて、
どんなに気難しい人でも、
最終的には心を開いてしまう。

「対談の達人」と言えば、阿川佐和子さん。

その阿川さんでも、
インタビューを始めたばかりのころは、
会話が苦手で、失敗ばかり、
相手を怒らせることも多かったのだとか。

そんな彼女が、どのようにして一流の「聞き上手」になったのか?

聞く力―心をひらく35のヒント (文春新書)

その秘密に迫った一冊で、
様々なテクニックを教えてくれる。

なかでも「オウム返し質問」は、
とっても役に立った。

それは、よく分からなかったり、聴きとれなかったときに、
「え?」と聞き返すと、失礼になることがある。
そこで、会話の中のキーワードをそのまま使って質問すると、
相手は、さらに詳細を語ってくれるというもの。

例として、
「僕ね、ものすごく怖がりなんですよ。」と語った人に、
「怖がり?」と尋ねると、さらに詳しく説明してくれるのだ。

そして、もっとも大切なことは、
「面白そうに聞く」だと思う。
posted by さくらもち at 17:36| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック