2013年01月31日

カリグラフィー

たとえば、漢字のように見えるアルファベットを見かけたら、
それは、カリグラフィーで書かれた文字だろう。
(アルファベット以外にもある)

カリグラフィー入門独習ブック

カリグラフィーは、
「西洋の書道」とも呼ばれていて、
いろいろ太さの違うペン先を変えながら、
インクをつけて装飾文字を書いていく。

最初は、鉛筆を2本重ねて字を書いてみるとイメージしやすいと思う。
用具として、定規やディバイダ(両端がペンのコンパスみたいなもの)なども使う。

ちなみに、
ワタシは海外の学校を卒業したので、
部屋の壁に貼ってある卒業証書は、
ゴシック体のカリグラフィー文字で書かれている。

ときどき、
この風格のある文字を眺めては、
自信と誇りを呼び覚ましているんだ!
posted by さくらもち at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 趣味 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック