2014年01月15日

はじめての株主優待

もっともオーソドックスな資産運用と言える「株」。

もちろん、トレードをしながら利益を出すこと、
配当金で収入を得ることなどが大きな目的だけど、
日常生活に役立てることも良いアイデアだと思う。

・・・そう、「株主優待」である。

自社の株を持っている株主に対して、
企業から贈られる品物やサービス。

たとえば、
商品券や割引チケットから食べ物まで、
その企業の業種によって様々である。

桐谷さんが教えるはじめての株主優待

その達人こそ、著者である桐谷広人さんだ。
身に着けているもの、生活用品、贈り物・・・
生活のほとんどを株主優待でまかなっているのだ。

過去にたくさんの失敗をしてきたエピソードもためになる。
posted by さくらもち at 17:43| Comment(0) | TrackBack(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック