2014年06月06日

方眼ノート

ノートを取るときに、
まっさらな紙だと戸惑ってしまい、
横線だけだと自由形式で使いにくい。

そんなときは、「方眼ノート」を使いたい。

多くの人は、小学校で出会ったはず。
(ジャポニカ学習帳と共に・・・)

方眼とよばれる小さな四角(マス)が並んでいる。
最初は、12mmマスくらいからスタートして、
慣れてくると5mm方眼罫線(10mm実線入り)。

コクヨ 学習帳キャンパスノート 限定色 5mm方眼(10mm実線入)5色パック セミB5 ノ-30VS10-5X5

何が良いかというと、グラフや図が描きやすい点だろう。

現在では、アメリカなどのビジネス界でも流行しているらしい。
昔、一緒に仕事をした外資系コンサルタントも使っているのを見たことがある。

ところで、
いろんな色を使ってマスを塗りつぶす、
「コンピューター・グラフィック風落書き」は、
楽しくて止められなくなるので注意しよう!
posted by さくらもち at 17:09| Comment(0) | TrackBack(0) | グッズ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック