2018年05月03日

平成から新しい元号へ

1年後に、平成から次の元号になるね。
でも、この元号って、どうやって決まるんだろう?

たった二文字にすぎない漢字なのに、
たくさんの学者や研究者たちが、何度も調査を重ねて、
やっと決められるんだとか。(ホントたいへんだね・・・)

選ばれるポイントは、
・過去に使われた年号ではないこと
・人名や地名などに使われていないこと
・読み書きしやすい字であること
・良いイメージを表す字であること
など。

それから、用紙の記入なんかにある生年月日の欄のアルファベットも重要。
今生きている最高年齢の人では、明治生まれもいるので「M」、
大正の「T」、昭和の「S」、平成の「H」と、
これらのアルファベットでない読み方の字でなければならないのだ!

面白いのは、
過去に候補になったが落選した字が、新しく選ばれることが多いらしい。
その時に選ばれなかったのは、その時代の影響があったんだろうね。

ちなみに、ここまでの全元号は247個。
その中で、一番多く使われている漢字は、「永」。

さあ、どんな漢字の時代になるのかな。

posted by さくらもち at 09:25| Comment(0) | ニュース | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: