2018年05月16日

イヤイヤ期

いったんスイッチが入って、
子どもが泣き始めると、たいへんだ。
このスイッチが、パパ、ママ、じいじ、ばあばを困らせる。

さて、子育て中の難所のひとつ「イヤイヤ期」。
最近では、もう少し前向きな名にしようという意見が多いが・・・。

そのはじまりは、2歳くらいから。
むかしは、最初の「反抗期」と言われていたように、
大人から言われたり、されたりすることに抵抗を始める。

でも、これは、大切な成長過程で、
自分でもできるんだという意思表示であり、
「あまり、かまってくれるな!」というサイン。

大人たちは、あまり、うるさくせず見守って、
ほんとに困っているときだけ手伝っていよう。

子どもたちも、自分を一人前に扱ってもらえれば、じきに落ち着く。

大きく前に進むためには、嵐って必要なのかもね。
posted by さくらもち at 10:44| Comment(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: