2018年06月07日

空港のガチャガチャ

いま、国内の空港(とくに、国際線)には、
ガチャガチャ(ガチャポン)が、
びっしりと並んでいる。

ちなみに、英語表記は、
「JAPANESE CAPSULE TOY GACHA」

そのはじまりは有名で、
外国人が両替できなかった日本円の小銭を
ガチャに使ってもらおうというコンセプトからだった。

まず、商品(フィギュアなど)のディテールの細やかさ。
そこに、外国人旅行者は、日本文化と伝統の職人気質を見たのだ。

初期のころの人気商品は、有名なキャラクターグッズ、
和風テイスト小物やリアルな動物フィギュアなどだったが、
だんだん、日本人好みのシュールな世界観のものにも興味が移ってきた。

日本の文化が、そこにもあった。
posted by さくらもち at 18:23| Comment(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: