2018年10月18日

eスポーツでプロになるには

うす暗い部屋の中で、
孤独にプレイするゲームとは対照的に、

広いスタジアムの大歓声の中で対戦するのが、
eスポーツ(エレクトリック・スポーツ)である。

実際のスポーツ大会と変わらないほど、
世界各地で熱狂的に支持されている。

大きな大会で勝ち抜けば、莫大な優勝賞金、
大企業とのスポンサー契約、多額のイベント出演料など、

「プロゲーマー」という職業も成立するほどだ。

現在、国内よりも海外のほうが、
はるかに盛り上がっているけれど、

かつて、日本でも、その先駆けと言える時代があった。

そう、高橋名人と毛利名人がしのぎを削った
ファミコンのシューティング・ゲーム対決である。



・・・でも、華やかな舞台で戦うためには、
あの薄暗い部屋の孤独な練習が必要なのだが。
posted by さくらもち at 19:33| Comment(0) | 資格・検定、職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: