2019年02月17日

未確認生物シリーズ「人魚・半魚人」

子どものころ読んだ「ノストラダムスの大予言」で、
とっても衝撃を受けたのは人魚の写真だった。
半魚人.png
ふつう、人魚と言えば、
上半身が人間で、下半身が魚をイメージするけど、
あの写真は逆だったのだ!

この場合、「魚人」または「半魚人」になるのでは?

ちなみに、人魚の正体として一般的なのが、
ジュゴンやマナティといった海獣とされているが、
半魚人の場合は、なんだろうか?

水中に住んでいて、人間のような形といえば、
ワタシには、ヒトデしか思いつかない。

まてよ・・・。

タコやイカはどうであろうか。
とくに、タコなんかは、見ようによっては、
人に見えなくもない。

それから、けっこう知能が高いことでも有名だ。

でも、真相は、水の中だ。
ラベル:UMA
posted by さくらもち at 17:34| Comment(0) | 謎・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: