2019年02月20日

未確認生物シリーズ「天狗」

天狗(てんぐ)で目立つのは、
長い鼻と赤い顔だね。
天狗.png
深い山や森の中で遭遇して、
空を飛ぶとも言われている。

さて。
ワタシの考える天狗の正体は、こうだ。

・山伏 85%
・西洋人 10%
・本当にいる 5%

ほぼ、霊峰なんかで修行する山伏ではないかと思うんだ。

厳しい修行を積んだ彼らの身体能力はすごくて、
険しい山をものすごいスピードで移動する。

その姿は、まさに”空を飛ぶ”ように見えたはず。

ひげが濃くて、鼻が高くて、赤ら顔という点は、
遠くからやってきた西欧人の特徴ではないだろうか?

「人間」も訓練次第で「超人」になるのだろうね。
ラベル:UMA
posted by さくらもち at 13:30| Comment(0) | 謎・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: