2019年02月24日

未確認生物シリーズ「おに」

日本古来の悪役といえば、鬼(おに)だろう。
鬼.png
山奥や離島の集落で暮らしていて、
近くの住民から恐れられている。

体は大きくて赤や青色。
毛深くて、角が生えているとも。

ワタシの考えでは、こうだ。

・北欧人(バイキング) 80%
・心理的なもの 15%
・実際にいる 5%

おそらく、異国より日本に来た西欧人が有力じゃないか。
とくに、伝わっている外見から、北欧のバイキングのようで、
角のあるヘルメットをかぶっていたら、ぴったりだ。

さらに、「心理的」なというのは、
たとえば、言うことを聞かない子どもをおどかすため、
大人たちが創り上げたイメージではなかろうか?

個人的に、ワタシが願うのは、
鬼たちは、節分なんかで豆をぶつけられるんじゃなくて、
困っていた鬼たちに、心優しい人々が食料をあげたんだと。

きっと、鬼たちとも共存していたのでは?
ラベル:UMA
posted by さくらもち at 17:17| Comment(0) | 謎・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: