2019年02月26日

未確認生物シリーズ「雪男」

ヒマラヤ山脈に住むという雪男。
今は、”イエティ”の呼び名が一般的。

ちなみに、昔読んだ本で紹介された写真は、
こんなだった↓
雪男.png
遠すぎて、岩などの影じゃないかと思うんだけど、
なぜか、逆に不気味さがあっておもしろい。

目撃情報はたくさんあって、さらには、
その足跡や体毛は発見されるんだけど、
いまだ正体は不明のまま。

ワタシの見解は、こうだ。

・クマ 40%
・大型の猿 30%
・毛皮を着た人間 20%
・実際にいる 10%

残された毛を分析した結果、
熊のDNAに近いということが分かったらしいので、
やっぱり、クマ説が有力かな。

もう少し、ロマンが広がるのは、新種のサルだろう。

さらに、毛皮を付けた人間なんだけど、
その毛皮は、本物の雪男のものだったとしたら、
ついニヤリとしてしまうのだ。
ラベル:UMA
posted by さくらもち at 17:19| Comment(0) | 謎・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: