2019年03月08日

未確認生物シリーズ「ビッグフット」

ビッグフットは、アメリカで目撃されるUMA。
残されていた足跡が巨大なため、その名が付いた。

目撃情報では、大型の類人猿・・・
いや、二足歩行する背筋の伸びたゴリラのよう。

とっても珍しいのは、
その歩く姿をとらえた映像が残っていて、
あまりにも堂々としているので、
着ぐるみではないか?という意見も根強い。

さて、ワタシの意見はこうだ。

・グリズリー 50%
・大型のサル 30%
・人間(イタズラも含む) 20%

元々、北アメリカという場所に生息する動物か、
飼っていたペットが野生化した動物が一般的か?

ただ、今回は、あの”散歩するおっさん”
のような映像が強烈すぎて、議論はむずかしい。

昔見たアメリカのアニメで、こんな正体もあった。
ビッグフット2.png
足だけが大きい小さな人間というもの。

可能性は無限である。
ラベル:UMA
posted by さくらもち at 17:02| Comment(0) | 謎・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: