2019年03月12日

絶滅動物シリーズ「モア」

世界最大の鳥だった「モア」は、
ニュージーランドに生息していた。
モア.png
体長は、最大で4メートル近くあったというから、
そばで見たら、とてつもない大きさだったろう。

以前、未確認生物シリーズで紹介した
「巨大怪鳥ビッグバード」紹介記事

とは違って、
モアは、”飛べない鳥”だった。

そして、似た体形のダチョウは速く走れるが、
彼らは、その巨体のせいで動きがノロかったようだ。

そこが、絶滅してしまった原因だろう。

しかし、堂々とゆったりしたその姿は、
威厳に満ちていたに違いない。
ラベル:UMA
posted by さくらもち at 17:50| Comment(0) | 謎・ミステリー | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: