2005年11月29日

世界遺産検定


「世界遺産検定」とは?
ユネスコが認定する世界遺産について、日本国内でのより広い啓蒙活動に取り組むために昨年立ち上がった「世界遺産アカデミー」(NPO法人・会長/愛知和男元環境庁長官)の 主要な活動のひとつとして企画された公開検定テスト。

初級(ブロンズ、シルバー) 中級(ゴールド、プラチナ)上級(マイスター)の5段階が設定され、来春より毎年2回の検定試験を実施する準備が進んでいます。
各クラスの合格者には認定証とバッジが、マイスターまでいけば、オープンカレッジ講師やツアー・コーディネーターの機会が用意されています。
●主催・世界遺産アカデミー ●共催・毎日新聞社 ●後援・関係各省庁
●監修・筑波大学大学院研究科 世界遺産専攻

人間が築き上げた文化遺産。地球に残る美しい自然環境。

ワタシたちは、それらを守り次の世代に伝えていく義務があると思う。

それらがある限り、地球に住むすべての人が「誇り」を持てるから。

ま、地球の問題を考えてれば日常の悩みなんてちっぽけなものさexclamation
posted by さくらもち at 19:44| Comment(0) | TrackBack(0) | 資格・検定、職業 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:


この記事へのトラックバック