2011年12月26日

ぐりとぐらのカステラ

ぐりとぐら [ぐりとぐらの絵本] (こどものとも傑作集)


よだれが出た絵本といえば、
「ぐりとぐら」シリーズの大きな卵で作ったカステラである。
これは、ただ、ふっくらとやけた絵を堪能してもらいたい。

posted by さくらもち at 22:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本、児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月18日

脳を育てる遊び方

ブロックや積み木で遊んだ子は、
大きくなって考える力が強い人になる。

組み立て方やイメージすることを自然に身につけるのだと思う。

そして、この型はめも定番。
遊びって、大切なんだねexclamation×2


「久保田競博士・カヨ子先生考案 
型はめパズルつき 1~3才 脳を育てる遊び方―ほかでは買えないオリジナル知育トイ 」
(主婦の友生活シリーズ)


ラベル:数学
posted by さくらもち at 20:09| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本、児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年06月02日

親と子のヒラメキ工作

ゴミが、宝物にかわることがあるぴかぴか(新しい)
どういうことかというと
「リサイクル」するということ。

使えなくなったものを、ただゴミとして捨てるのではなく、
新しい形に変えて、生活の役に立たせるってことさグッド(上向き矢印)


「使える!役立つ!はつめい工作 (親と子のヒラメキ工作)」
きむら ゆういち (著)、宮本 えつよし (著)

posted by さくらもち at 20:30| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本、児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年11月08日

おおきな木

「おおきな木」。
原題は「The giving tree」
キーワードは、この"give"という単語だと思うよ。

愛は、与え続けることだというけれど
人によっては、そうじゃないという人もいるかもしれない。
今回の翻訳者、村上春樹さんはどうとらえているかも見どころです。




<内容紹介>

いつでもそこにあるりんごの木。
成長し変わっていく少年。
それでも木は惜しみなく愛を与え続けた…

世界的名作絵本が村上春樹の訳で新登場。

「あなたはこの木に似ているかもしれません。
あなたはこの少年に似ているかもしれません。
それともひょっとして、両方に似ているかもしれません。
あなたは木であり、また少年であるかもしれません。
あなたがこの物語の中に何を感じるかは、もちろんあなたの自由です。
それをあえて言葉にする必要もありません。
そのために物語というものがあるのです。
物語は人の心を映す自然の鏡のようなものなのです。」
(村上春樹/訳者あとがきより)


こちらは、原書(英語版)
”The Giving Tree” 
by Shel Silverstein

ラベル:英語
posted by さくらもち at 18:18| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本、児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月29日

ロング・ドッグ・バイ


「タフでなければ生きてゆけない。
 やさしくなければ生きていく資格がない。」

そんなカッコイイセリフで有名な
私立探偵フィリップ・マーロウが活躍する
レイモンド・チャンドラーの代表作
「ロング・グッドバイ」

・・・ではなくて、こちらは、
「ロング・ドッグバイ」・・・。

その名のとおり、
犬が主人公のミステリーなのだ。
パロディかと思いきや
なかなかの本格派?
おすすめの一冊。



<内容>
俺は犬。名はアロー。赤茶色の身体に、頭から背中にかけて白い矢のような模様が入っているので、この名前になった。東京郊外の小さな町、浮羅田町で暮らしている。このところ、人間たちと俺たち飼い犬の間で話題になっているのは、犬の銅像の前に突然出現したゴボウの謎だ。些細といえば些細なできごと。だが、妙な点が多すぎるのは確かだ。幼い柴犬・ボンタから依頼を受け、俺は渋々調査に乗り出した。だが、俺を待ちうけていたのは、不気味な幽霊犬の噂と、ますます混迷していく謎だった。その矢先、もうひとつの奇怪な事件が起きた。犬の鋭い嗅覚と観察眼をもってしか気づけない「不可能犯罪」。俺は、エキスパート犬たちの助けを借り、徹底的に謎を解明する決意をした。プロフェッショナルな技術を持つ犬たちが、リードから放たれ、深夜の町を疾走する!クールでスタイリッシュ、笑いと涙満載のドギー・ハードボイルド。
posted by さくらもち at 18:45| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本、児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年08月28日

せいかつの図鑑

大人になってから、
改めて重要だなーと思うのが、
「段取り」。

仕事や友人との付き合い、
ちょっとした場所を探すにしても
段取りを知っている人は、
みんなの尊敬の的ぴかぴか(新しい)

今回、紹介の本は、
知っているようで知らない生活のノウハウを
子供たちにも分かりやすく、
段取り力を養いながら学ぶことができるよ。

posted by さくらもち at 20:48| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本、児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月24日

サンタって、いるの?




だれもが一度はもつ疑問、「サンタって、いるの?」
そんなギモンを新聞社に投書した少女・バージニア。
真実を知りたいと願う少女。
子供たちの夢を守り抜こうとがんばる大人たち。

教えてあげよう!
サンタって、本当にいるんだよ。
posted by さくらもち at 14:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 絵本、児童書 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする