2005年12月17日

ニューヨークのパン



都会の朝。
これから慌ただしい一日が始まる前の静かな一瞬。
公園でジョギングする人、犬の散歩をしている人、瞑想している人を眺める。
カフェでドーナツとコーヒーを食しながら、気持ちを切替えるのだ。
一日が始まる。

ワタシの大好物は、ブルーベリー・マッフィン。
あとは、ゴマがたくさん付いたベーグル。


【ドーナツ・マイベスト】
@ダブル・チョコレート(チョコ生地にチョコ・コーティング)
Aハニー・ディップ(薄くシロップがコーティング)
Bフレンチ・クルーラー(シロップ・コーティングねじり系)
posted by さくらもち at 08:13| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理、食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年12月06日

レミパン

明るいキャラでおなじみ平野レミさん。
(しゃべりはじめると誰も止められないふらふら

彼女の発明した「レミパン」は、料理器具の大ベストセラー。
(:フライパンなのに深さがあるからどんな料理も作れるレミパン、最大の特徴はユニークな鍋ぶただ。中央に開閉式の蒸気穴がついており、調理中ふたを開けずにその蒸気穴から水や調味料を入れることができる。高温の蒸気や油はねで火傷をする心配も、せっかくの旨味が逃げることもない。目玉焼きやぎょうざを焼くときは蒸気穴を閉めたまま、ステーキなどは蒸気穴を開けて調理、など使い分けて使える。)

その他のお料理器具も紹介します。
なかには在庫切れもあるので、お店で確認してください。こちらからどうぞ↓

posted by さくらもち at 19:38| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理、食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2005年11月06日

平野レミのおりょうりブック

「人間に近いロボットを造ろうと思ったら

何億円とかかるけど、子供はただでつくれる。」


料理研究家・平野レミさんのこの言葉を聞いたとき、ワタシはそんけーするようになりました。ぴかぴか(新しい)
もともと歌手なので、その発想力がすばらしいのです。
この人の発明?する料理は、ふつうの食材に魔法をかけたよう!

レミさんのレシピ本はいっぱいあるけれど、ワタシは下の一冊を推したい。
「平野レミのおりょうりブック―ひも ほうちょうも つかわない かがくのとも傑作集」
まさに魔法です。(↓画像クリックでアマゾン書店にとびます↓)

平野レミのおりょうりブック

平野レミのおりょうりブック―ひも ほうちょうも つかわない かがくのとも傑作集
和田 唱, 和田 率 大型本 (1992/09) 福音館書店
価格: ¥880(税込)

”4才からできる”は本当です。
これなら大人がいなくても大丈夫。
ラベル:レシピ
posted by さくらもち at 15:24| Comment(0) | TrackBack(0) | 料理、食べもの | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする