2018年07月05日

台風のエネルギーを利用できないか?

まだまだ、梅雨の続く日本列島。
そんな中、マリアナ諸島で台風8号が発生。

地球全体から見れば、
台風は上昇した海水の温度を下げてくれるけど、
その高い温度をエネルギーにして巨大化するんだ。

それで、台風の季節になると、いつも考えてしまうのは、
なんとか、あの大きなエネルギーを利用できないかである。

ときどき、のろのろしているのや、
ウロウロと同じ場所にいるヤツをみると、
ちょっぴり、おかしくなるときもある。

ワタシたち人間と上手に共存できないかな。

とりあえず、台風8号の進路に注意されたい。
posted by さくらもち at 19:21| Comment(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月10日

ネコのヒゲ

ネコの顔をまじまじと見てみると、
顔中に立派なひげが生えていることに気付く。

このひげで、彼らのご機嫌を知ることもできるらしい。

いっぱいに広がっていると、それは、周囲へのレーダーである。

つまり、近くに変わったところはないか、
この先は自分の身体が通れるかなどを判断する。

おもしろいのは、
抜けたひげには幸運があると言われていて、
財布に入れたり、お守りにしている人もいるという。

それから、彼らが顔を拭きはじめると雨になるとも言われる。
これには、科学的根拠もあって、大気中に湿気が増えると、
彼らのひげが重くなり、ムズムズするらしいのだ。

これから、梅雨本番。
猫たちは、顔を洗う毎日か。
posted by さくらもち at 18:09| Comment(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月07日

空港のガチャガチャ

いま、国内の空港(とくに、国際線)には、
ガチャガチャ(ガチャポン)が、
びっしりと並んでいる。

ちなみに、英語表記は、
「JAPANESE CAPSULE TOY GACHA」

そのはじまりは有名で、
外国人が両替できなかった日本円の小銭を
ガチャに使ってもらおうというコンセプトからだった。

まず、商品(フィギュアなど)のディテールの細やかさ。
そこに、外国人旅行者は、日本文化と伝統の職人気質を見たのだ。

初期のころの人気商品は、有名なキャラクターグッズ、
和風テイスト小物やリアルな動物フィギュアなどだったが、
だんだん、日本人好みのシュールな世界観のものにも興味が移ってきた。

日本の文化が、そこにもあった。
posted by さくらもち at 18:23| Comment(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月30日

秋田犬

天然記念物にも指定された日本犬で、
正確な読み方は「あきたいぬ」。

フィギュアスケートのロシア代表ザギトワ選手に
日本から贈られた秋田犬の子犬’マサル’が人気だ。

モコモコした毛とがっしりした体格。

のんびりしているイメージがあるけれど、
あれで、なかなか、気性は激しい。
それは、先祖が狩猟犬だったということで納得できる。

でも、一番の特徴は、飼い主への忠誠心と愛情だろう。

そんなところにも、日本の文化を感じてしまうのだ。
posted by さくらもち at 17:35| Comment(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月16日

イヤイヤ期

いったんスイッチが入って、
子どもが泣き始めると、たいへんだ。
このスイッチが、パパ、ママ、じいじ、ばあばを困らせる。

さて、子育て中の難所のひとつ「イヤイヤ期」。
最近では、もう少し前向きな名にしようという意見が多いが・・・。

そのはじまりは、2歳くらいから。
むかしは、最初の「反抗期」と言われていたように、
大人から言われたり、されたりすることに抵抗を始める。

でも、これは、大切な成長過程で、
自分でもできるんだという意思表示であり、
「あまり、かまってくれるな!」というサイン。

大人たちは、あまり、うるさくせず見守って、
ほんとに困っているときだけ手伝っていよう。

子どもたちも、自分を一人前に扱ってもらえれば、じきに落ち着く。

大きく前に進むためには、嵐って必要なのかもね。
posted by さくらもち at 10:44| Comment(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月13日

チバニアン

地質年代「チバニアン」の命名は、まだまだ先になりそうだ。

ラテン語で「千葉時代」を意味するチバニアンは、
とっても貴重な地質学的発見なのだ。

長い地球の歴史の中で、
磁場であるS極とN極は、何度か逆転を繰り返しているらしい。
その最後の証拠となったのが、千葉県市原市の地層だったのだ。

ちなみに、同じ痕跡がイタリアのイオニア海近辺にもあって、
そちらでは「イオニアン」として、最後まで命名権を争った。

ところで、ワタシが一番好きな地質年代は、「ジュラ紀」。
様々な恐竜たちが生活していた、にぎやかな恐竜黄金時代。
それから、「カンブリア紀」もことばの響きがいいよね。
posted by さくらもち at 15:23| Comment(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月26日

おかしなできごと

今日、昼ごろの出来事である。

町を歩いていると、幼稚園を終えたと思われる園児たちの集団に遭遇した。
そのお母さんたちも一緒だ。突然、なにかを叫びながら園児たちが走り出した。
よく聞いていると、その大合唱は「ピーエーロー!!」と繰り返されていた。
まわりの大人たちは、おどろきながらも笑顔である。

・・・ピエロ?
ワタシは、そこを通り過ぎながら、こう推測した。

子供たちが向かう先には、ショッピングモールがあり、
ときどき、そこでイベントが開かれる。
おそらく、今日は大道芸ショーがあるのかもしれない。
その主役こそが、人気者のピエロではないか?

子供たちの大合唱は可笑しい。
posted by さくらもち at 16:53| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月17日

ありがとう10周年

気が付けば、このブログを始めて10周年。

とてもゆっくりなペースで、
更新できない期間もあったけれど、
なんとか続けることができました。

でも、
明るく元気な記事を書けているのでしょうか?
生活に役立つ情報は提供できているのでしょうか?

・・・などと、ときどき、考えてはみるのですが、
これからも面白いと思った情報を頼りに更新したいです。

posted by さくらもち at 09:24| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月10日

マイチョコ

2月14日のバレンタインデーに、
女性から男性にチョコレートを贈る風習は、
(一般的には)日本独自のものである。

そして、このバレンタインデーに関連して、いろんな単語が生まれた。

「本命チョコ」自分が好意を寄せている人へ贈る
「義理チョコ」身の周りにいる男性全員に贈る
「友チョコ」同性、つまり、女性に贈る
「逆チョコ」男性が女性に贈る

そして、今一番、人気なのが、
自分に贈る「マイチョコ」なのだ。

とくに、今年は14日が土曜日のため、
職場や学校がお休みで、
相手に渡す代りに・・・ということらしい。

まずは、自分を大切にするところからはじめよう!
posted by さくらもち at 08:41| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2015年02月06日

赤ちゃん先生

どんな人でも赤ちゃんを見ると、ついつい微笑んでしまう。

そんなやさしい気持ちにしてくれる赤ちゃんを先生に、
もっと社会をあかるくしようというのが、
「赤ちゃん先生」プロジェクトなのだ。

赤ちゃんとママたちが、老人・福祉施設や学校を訪問する。
すばらしいのが、認知症の進んだ高齢者に赤ちゃんが触ると、
ちゃんと良い反応を返すようになるというのだ。

みんな、赤ちゃんに教えられることは多いんだね。
posted by さくらもち at 16:48| Comment(0) | TrackBack(0) | INFO | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする