2012年03月15日

日本人の知らない日本語

日本人の知らない日本語3  祝!卒業編


日本語学校の先生が体験した、
愛すべき外国人の生徒たちがくりひろげる、
おかしなエピソードをまとめたマンガ。

外国人の生徒たちが使う、奇想天外な日本語。
本人たちが、いたってまじめなのが、
おかしくも、ちょっぴり切ない・・・。




最新刊「日本人の知らない日本語3」の紹介にも使われている、
個人的に最高だったセリフは、
美容院に行ったばかりの先生に、
知っていた尊敬語で外国人の生徒が放った

「頭、いかれたんですか?」

であろう。

こんな話が、たくさんあるよ。
ラベル:国語
posted by さくらもち at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2012年01月04日

引き寄せの法則


ザ・シークレット



基本的に難しいこと考えないワタシではあるが、ときどき、ひらめいたりすることもある。
以下は、最近のものである。
自分の周りにある、すべてのものはが作ったものではないか!
厳密に言えば、人の思考が創り出したものではないか!!
(ま、山とか海とかは違うけどね)
自分が見ているパソコンも、机も、鉛筆も、部屋も、家も・・・(深い)
ちょっと不思議な感じがする。

・・・

「引き寄せの法則」は、
特にマーフィーの法則を知ってる人には、
けっこう、すんなり受け入れられると思う。

この法則を簡単に言うと、
「良いことも、悪いことも、人が思ったことは現実になってしまう。」
ので、いいことを考えるようにしようと言うことだと思う。




さて、この本でも語られる「引き寄せ」のキーワードである視覚化は、
自分の体とか、身近にある物や人の詳細部分を
具体的にイメージするところから始めるとうまくいくよ。
だから、ささやかなものから引き寄せを始めよう。
一杯のコーヒーとか、おいしい食事とかね。

あと、自分の思っていることと、
言葉とか行動をバラバラにしないことも大切。

posted by さくらもち at 22:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年09月17日

働かないアリに意義がある

童話「アリとキリギリス」で知られるように、「働き者」代表のイメージがあるアリ。

でも実際は、蟻社会の7割が働いてなくて、1割は一生働かないという事実があるのだそう?!
でも、だからこそ巣全体が存続できているというから、面白い。。。

今回、紹介する書籍
「働かないアリに意義がある」は、
進化生物学者の長谷川博士が、長年の研究から発見したアリの生態について語っている。

大切なことは、休んでいるアリは、仕事を放棄して、怠けているのではなくて、要領が悪く仕事に置いてけぼりされているのだということ。そして、そんな彼らが、(偶然や間違いから)巣全体のために新しい発見や生き残る方法を見つけることもあるのだということ。

なんだか、就職難で苦しむ学生が海外進出したり、事業を立ち上げたりして新しい時代のキッカケをつくるのに似てると思う。途中から、アリの生態なのか、人間社会のことなのか分からなくなってくるのが面白いです!!!

生きることに「無駄」や「役に立たない」ことはないんだね。きっと。


posted by さくらもち at 21:15| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年08月05日

世界がみえる地図の絵本

写真ではなく、絵だからこそ伝わることも多い。

とくに、物事の全体像を捕らえるときなんか、
絵だとイメージしやすいのだ。

地理や地図が苦手な人は、ここから始めてみよう!


「世界がみえる地図の絵本」
ブライアン デルフ (著)、吉田 秀樹 (翻訳)



『世界がみえる地図の絵本』は、見ているだけで楽しい、新しいタイプの世界地図帳。大陸別、国別に描かれた20点以上の立体感あふれるイラストマップで、わたしたちの住む地球の姿が、手にとるようにわかる。170ヵ国以上の国旗や、さまざまな国のデータをコンパクトにまとめた、家族で楽しめる世界のベストセラー地図帳。
ラベル:地図
posted by さくらもち at 21:29| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月26日

図解 クラウド早わかり

今では一般化した「クラウド・コンピューティング」。
Cloud(クラウド) = 雲。曇り曇り 

その言葉が一般化するずっと前から、
インターネットの世界を説明するときには、
けっこう「雲」のイメージは、使われていたと思う曇り曇り

そうなのだ。
イメージでは、なんとなく分かるんだけど、
実際、どんな技術でできていて、どんな便利なことできるのかは・・・

今回、紹介する書籍は、そんな疑問をやさしく解説してくれる。
それに、amazonやgoogleといった大手のクラウドベンダーの特徴なんかも分かる。


「図解 クラウド早わかり」

posted by さくらもち at 20:11| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年07月16日

雷博士が教える雷から身を守る秘訣

とっても怖い、カミナリ雷雷がく〜(落胆した顔)
でも、なんとかあの膨大なエネルギーを集めることができないものか。。。

ま、それよりも、まずは、
カミナリが自分に落ちないようにすることが先決だよexclamation×2


いままでの常識は間違っていた???

「雷博士が教える雷から身を守る秘訣」
北川 信一郎

ラベル:防災
posted by さくらもち at 20:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2011年05月25日

とんでもなく役に立つ数学

多くの人が苦手とする「数学」・・・ふらふら
でも、そんな数学が生活や精神の安定に活かせるというからスゴイexclamation×2

生活が楽しくなるんだったら、
みんな、カンバレるはずグッド(上向き矢印)グッド(上向き矢印)


「とんでもなく役に立つ数学」
西成活裕(東京大学教授)

ラベル:数学
posted by さくらもち at 16:41| Comment(1) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月25日

ぜんぶわかる人体解剖図

ワタシたちが寝ているときでさえ、
働き続けてくれる内臓あせあせ(飛び散る汗)

食べ物を食べてウトウトしてる間に
身体は食べ物を消化して、血や肉を作ってくれたり、
生活に必要なエネルギーにしてくれているのだ(アリガトネ)。

もっと自分の体のことを知っておくべきだと思う。
外国語だらけの医学書を広げなくても、
とっても分かりやすい本があるよ。
(正確なイラストがいっぱいです)

参考までにぜひ↓



手に取るように理解できる、200点を超える精密なイラスト+豊富な解説。
posted by さくらもち at 19:03| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年10月04日

日々、まめまめしく。

「日々、まめまめしく。」
塩山 奈央さんが「チルチンびと」に連載した人気シリーズ。

「たべもの・ぬいものを通して心地好い
暮らしを提案する、暮らし案内人」
と称される著者の独特の世界観には、
とても癒されるはず。

個人的には、「糸くずワッペン」が好きです。

posted by さくらもち at 19:23| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2010年09月05日

くらべる地図帳


世界地図から道路地図や商店街マップ、
地図を眺めるのは、とってもたのしいよねぴかぴか(新しい)

そして、効率よく学習をするには、
2つの対象を比べながら進めるとわかりやすい。

たとえば、
富士山と琵琶湖、どちらが大きいか?
みたいに。

とにかく面白くて、ためになる一冊だ。

ラベル:地図
posted by さくらもち at 20:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 本、雑誌 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする