2013年12月28日

今年のベスト・ダイエット(2013)

今年、やってみたダイエット方法は、
運動系よりも食事療法が多かった。

その中で、もっとも効果があったのが、
「食べ順ダイエット」だった。

関連記事「食べ順爆発ダイエット」紹介ページ

疲れる運動はしなくていい。
特別な道具もいらない。
ただ食べる順番を守るだけ。

その基本的な順番は、
野菜や海草→肉や魚→ご飯や麺となる。

まずは、野菜から食べ終えることを目的にして、
結果的には、ご飯の量も減らせたのはオドロキだった。

ワタシの場合、
ダイエット効果は、少しずつ、ゆっくりで、
開始して半年くらいでハッキリと表れた。

ちなみに、去年ベスト1に選んだ
「ロングブレス・ダイエット」が、
すぐに効果が出てきたのとは対照的。
ラベル:ダイエット
posted by さくらもち at 17:06| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年11月13日

インソールダイエット(男性用)

痛くて気持ちいい「足ツボ」は、
体中の健康につながっている。

クツの中に「中敷き」を入れると、
びっくりするくらい歩きやすい。

この「足ツボ」と「中敷き」を利用したのが、
「インソール・ダイエット」である。

靴に入れるだけ! インソールダイエットfor MEN (敷いて歩けばお腹が凹む! 男性用インソール(中敷付き))

付属のインソール(中敷き)をクツに敷くと
歩くたびに痩せるツボを刺激してくれる。

足ウラからポカポカしてくる感じを体感してほしい。
ラベル:ダイエット
posted by さくらもち at 17:17| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年10月18日

原始人食ダイエット

ワタシたち「現代人」の遺伝子は、
旧石器時代に生きていたワタシたちの祖先のものから、
それほど変化していないという。

ということは、
この身体は原始時代の生活に適したものなのだ。

もちろん、今さら狩猟生活に戻ることはないけれど、
できるかぎり原始時代の生活に近づければ、
病気に強くて、肥満にならない身体になれるはず。

そこで登場するのが、
パレオ・ダイエットをベースにした「原始人食」。

肉・魚が食べ放題の 原始人食ダイエット (マキノ出版ムック)

そのルールは、いたってシンプル。

白米を減らして、肉(赤身)や魚介類を中心の食生活にする。
そして、その食事法を8割くらいで守ればいい。

つまり、
1日3食として1週間で21食、
そのうち8割にあたる16、17食分を原始人食にすれば、
残りは好きなものを食べてもかまわない。

おすすめの始め方は、
おかずはそのままで、白米から減らしていけばいいと思うよ。
ラベル:ダイエット
posted by さくらもち at 17:19| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年08月20日

腹ぺこトレ

腹ペコトレは、いたってシンプルなエクササイズ。
「お腹をへこませる」「お腹を出す」
この2つの動作をくりかえすだけ。

たった2動作でおなかペタンコ!最新最強腹ペコトレ即やせダイエット (わかさ夢MOOK)

意識してお腹を動かす運動は他にもあるけど、
たとえば、ロングブレス・ダイエットなんかとの違いは、
それほど呼吸に意識を向けなくてもいいとこだと思う。

つまり、お腹の筋肉だけを使うイメージ。

うまくできない人は、最初はお腹の上に手を当てて、
お腹をひっこめるときは軽く押して、
出すときは力を緩めるをくりかえしていると、
だんだんお腹だけ動かせるようになるよ。

ポイントは、ゆっくり行うこと。

お腹の内側がだるーくなって、
なんだかトイレに行きたくなったら、
順調に進んでいる証拠かも。
ラベル:ダイエット
posted by さくらもち at 17:27| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年07月25日

もっとスゴイ!大人のラジオ体操

ラジオ体操は効果的に行うと、
かなりハードな運動になることを教えてくれた
「大人のラジオ体操」。

呼吸、姿勢、動きを意識しながら行うと
汗が止まらなくなるくらいスゴイのだ。

そして、ワタシが待っていたのは、その続編!

DVD付き もっとスゴイ! 大人のラジオ体操 決定版 (講談社の実用BOOK)

理由は、ラジオ体操第2の解説。

老若男女の健康促進が目的だった第1に比べて、
ラジオ体操第2は少しだけダイナミックになっており、
とくに職場での疲労回復を目的に作られたのだとか。
(あと、眠気覚ましにもイイ)

自分が参考になったのは、
息を吸いながら胸を拡げるときに、
背筋は伸ばさなければいけないけれど、
逆に、そらしてもいけないこと。

もちろん、第1の解説もさらに詳しく紹介されてるよ。

今のワタシは、外出先でも第2を全力で踊れる。
たぶん、歳をとったのかもしれない・・・。
ラベル:ダイエット
posted by さくらもち at 17:41| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年06月07日

ストレッチメソッド

ワタシは筋トレをやらない。
そのかわり、ストレッチは毎日続けている。

注意したいのは、無理に力を入れないこと。

全身の力を抜きながらやるコツは、
息を吐きながら動作をするといいのだ。

さて、ストレッチのおすすめテキストは、
「ストレッチ・メソッド」である。

5つのコツで もっと伸びる カラダが変わる ストレッチ・メソッド

筋肉や関節について、詳細まで丁寧に解説されている。
また、理論がしっかりしていて読みやすいと思う。

個人的に良かったのが、
間違ったやり方を多く紹介してくれていて、
良い例と比較されているから理解しやすいとこだ。

・・・ところで、
ワタシが目指すストレッチの理想形は、
ネコがする伸びである。
ラベル:ダイエット
posted by さくらもち at 17:46| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月24日

人体力学

悪くなった部分を修正するときは、全体を見直すこと。

たとえば、これは「肩コリ」なんかにも言えるだろう。
肩をもむと一時的にはラクになるけれど、
次の日になると、またぶり返すのである。

だからこそ、「人体力学」を参考にしたい。

弱った体がよみがえる 人体力学
著者は、井本整体を運営する井本邦昭さん。

この本では、体の不調の様々な症状が、
生活環境や体の動かし方といったところから着目して、
どのようなメカニズムで起きているのかを解説。

たとえば、「胃痛」の解説では、
胃痛を訴える人が猫背だった場合、

@心肺に負担がかかり、肺が下がる
A肩甲骨のバランスが崩れる
B周囲の筋肉がひっぱられる
C背骨の硬直が起きる
D近くにある胃の神経を圧迫する

といった流れが起こっているのだ。

「風が吹けば、桶屋が儲かる」
そう、すべてはつながっていて、
あらゆる結果には原因が存在する。

ラベル:ダイエット
posted by さくらもち at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年05月02日

食べ順爆発ダイエット

子供の頃に給食なんかで習った「三角食べ」は、
ご飯、みそ汁、おかずをちょっとずつ順番に食べる食べ方。
でも、この食べ方はダイエットには向かないそうだ。

そして、フレンチみたいなコース料理方式が太りにくい食べ方と言えるのだ。
(ひとつの料理を食べ終えたら次の料理といった具合)

食べ順爆発ダイエット (美人開花シリーズ)

「食べ順爆発ダイエット」のメインテーマは、
ゆるやかに血糖値を上げていくことであり、
なので、空腹の状態からいきなり揚げ物を・・・などは避けたい。

そこで、急激に血糖値を上げないために、

@食物繊維(野菜や漬物など)
Aたんぱく質(肉や魚など)
B炭水化物(ご飯、パン、麺類など)

の食べ順を心がけよう。

さらに、ダイエット効率を上げるためには、
たまに炭水化物をたくさん食べる日を持つこと。
これは、身体が正常に戻ろうとする働きを利用するため。

・・・なるほど、前菜には立派な意味があったんだね。
ラベル:ダイエット
posted by さくらもち at 17:20| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年04月25日

小顔スリム

顔をマッサージするときのコツは、
あまり強く行わないこと。
(ツラの皮の厚い人は強くてもいいかも・・・)

顔全体をソフトに押したり、ひっぱったりしていると、
皮膚が敏感になってきて、細胞が活性化した気がするのだ。

さて。
骨盤枕ダイエットで有名な福辻先生の小顔エクササイズがこれ。

のばす!ほぐす!押す! だけ! すっきり小顔スリム (一般書)


主に、
顔のむくみやたるみの解消、
首や顔のシワ対策、
目のクマやくすみの軽減などに効果。

それから、
付録の「小顔スリム」マウスピース。
これは、抵抗(バネ)を使って唇や頬の筋トレをする器具。

ちなみに、
ワタシはマウスピースの存在を知る前には、
両手の指で口を左右にひっぱりながらやっていた・・・。

いろいろな顔の筋トレがあるだろう。
でも、一番効果が高いのは、
そう!たくさん笑うことだよ。
posted by さくらもち at 17:40| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2013年03月29日

顔ヨガ

顔ヨガ(フェイスヨガ)のテーマは、
普段使わない筋肉を見つけて鍛えること。

たとえば、
ベロを出して動かす運動後、
舌の付け根が疲れた感覚など、
普段の生活では味わえない。

他のエクササイズもやってみて思ったのは、
周りの人がビックリする表情ほど効果も高い気がしたこと。
(だから、外出時はやらないほうがいいかも・・・)

コツとしては、
筋肉の動きや突っ張った感覚を意識しながらやったり、
運動後に顔全体がポカポカしているのを感じましょう。

間々田佳子の顔ヨガでアンチエイジング (ぴあMOOK)

顔ヨガが小顔やシワ・たるみ予防に効果があるのは、
顔から首にかけての血行やリンパの流れが良くなって、
むくみが解消され、肌に張りが出てくるから。

これからは、
笑うとシワになるなんて気にしないで、
たくさん笑って顔の筋肉を鍛えたいネ。

posted by さくらもち at 17:50| Comment(0) | TrackBack(0) | 美容と健康 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする