2019年06月21日

フェイスブックの仮想通貨「リブラ」

最大の交流サイト「フェイスブック(Facebook)」が、
独自の仮想通貨をつくろうとしている。

その名も「リブラ(Libra)」。
ちなみに、フェイスブックのデジタル財布「カリブラ(Calibra)」でのサービスになる。

投資目的が目立つ仮想通貨なんだけど、
リブラは’新しい国際通貨’を目指しているんだ。

これだけ、世界中に浸透したフェイスブックならば、
その目論見も不可能ではないかもしれないね。


posted by さくらもち at 18:57| Comment(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月31日

視聴数を稼ぐ動画をつくろう

子どものあこがれる職業に
「ユーチューバー」がランクインしている時代。

現在のインターネットビジネスで、主流なのが動画配信。
たくさん視聴者を集めるほど、多額の広告料収入が得られる。

そこで、どんな動画が人気が高く、視聴数を稼げるかがキーになる。
大まかに視聴の目的を分けるなら、

・知識習得(料理、DIYなど)
・情報収集(旅行、学習など)
・疑似体験(非日常を求める)

となるんじゃないかと思うんだ。
なかでも、キーになるのが、「疑似体験」だろう。

自分の日常生活とかけはなれているほど、
視る人の好奇心が刺激されてしまうのだ。
(ただし、迷惑行為や不快感までいってはいけない)

そこに、自分の知りたい情報が絡めば、入り口は広くなる。
たとえば、ゲーム実況とか、買い物紹介、マッサージ体験とか。

ほかにも、
「福袋の開封」「宝くじ・スクラッチ」「競馬の馬券」など、
結果が予測できないものもクセになるんだよね。

アイデアは、身近なものから。
それから、伝える人の魅力が大切なのは言うまでもない。


posted by さくらもち at 16:46| Comment(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年03月05日

ユニコーン企業って

ユニコーン、それは、幻の一角獣。

だけど、今回はUMAシリーズではなくて、
経済用語の説明だよ。

「ユニコーン企業」とは、
非常に珍しい(数が少ない)ところから、
その名がつけられている。

そう呼ばれる企業の四大条件

・評価額10億ドル以上(日本円で1100億円)
・設立してから10年以内
・上場していない
・テクノロジー分野

これは、なかなかハードな条件だね。

世界では、ほぼアメリカと中国の企業が占めていて、
日本では、現在、メルカリが条件を満たしているだけ。

でも。

数は少ないが、確実に存在している。
もしかしたら、動物のユニコーンも・・・。
posted by さくらもち at 19:19| Comment(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月26日

あこがれの不労所得

不労所得(ふろうしょとく)。
労働しなくても得られる収入、または、その仕組み。

・・・すてきだ。

一般的なものでは、
預貯金による利息や株式・有価証券などの配当。
俗にいう、「お金」に働いてもらう状態。

もう少し資金に余裕のある場合なら、
マンションの家賃収入や駐車場経営など不動産利用。
こちらも、「資産」が資産を生んでいる状態かな。

ちょっと特殊なところでは、
印税や特許などの権利なんかもあるね。

そして、現代社会で忘れてならないのが、
「インターネット」だろう。

その入り口の入りやすさから、
たとえば、宣伝費や広告料収入で生活している人、
”ブロガー””アフィリエイター””ウェブライター”、そして、
”You Tuber(ユーチューバー)”は、あまりにも有名になった

そのキーワードは「訪問者数」「視聴数」。
つまり、いかに多くの人が自分の記事や動画を見るか。

人が気になるものや面白いことを探し出すセンス、
それから、それを形にすることさえできれば、
あとは自動的に人がやってくる。

・・・ま、現実は、それほど簡単ではないのだけど、
その方法を探し続けることが、おもしろいでしょ?


posted by さくらもち at 16:36| Comment(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2019年01月15日

キャッシュレスお小遣い、お年玉

世の中、「電子マネー」化は進む。

最近では、寄付や募金も、スマホやカードをかざす時代。
とうとう、お小遣いやお年玉も”キャッシュレス”だそうな。

つまり、子どもたちにお小遣いを渡す前に、
スマホを渡さなければならないのだ!

しかし、これから先、子どもたちが時代に対応するために、
それは「投資」や「経験」とも言える。

「キャッシュレス」=「現金じゃない」

それならば、お小遣いやお年玉をお菓子やクーポン券に・・・
とはいかないだろうな。

posted by さくらもち at 17:44| Comment(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年08月17日

ミニ保険ってなに?

よく、スーパーモデルやタレントなんかが、
自分の身体に数億円の保険をかけるなんていうけど、

最近、ちらほら聞く「ミニ保険」とは、
その金額や期間をずっと小さくした保険。

小規模なため、とても限定的な保険をかけることができる。

たとえば、飼っているペットの治療費や葬儀代、
イベントに行けなくなった時のキャンセル料など、
いろいろなケースに対応しているのだ。

また、本格的な保険では、入れなかった場合でも、
ミニ保険では、小額、または短期で加入できることもある。

やっぱり、自分の宝物なんかにかけておきたいな。
posted by さくらもち at 18:59| Comment(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年07月19日

自宅を担保に、老後資金をつくる?

リバース・モーゲッジ=「逆・住宅ローン」。
はて?

つまりは、こういうことだ。

自宅を所有しているシニア世代なんかが、
それを担保にした収入が得られるのだ、
その家に住み続けながら。

万が一、途中で亡くなってしまったら、
その自宅で返済がなされる。

もらえる年金の心もとない人が、
追加でお金をもらうこともできる。

ただし、悲しいデメリットとして、

相続人がいて、ダメといったらダメ、
長生きすると損をしてしまう、
など、注意しなければならない点も多い。

ま、最後に人生を楽しもうという人なら、
検討してみてもいいかもしれない。
posted by さくらもち at 19:47| Comment(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年06月17日

レシート買取りアプリ

レシート1枚を10円で買い取ってくれるアプリ「ONE」。
あまりの利用者の多さに、サービス開始初日からパンク状態。

だって、そうでしょ。
いままで、ゴミでしかなかったものが、売れるのだから。

ユーザーは、自分の買った商品の情報、
つまり、消費動向を提供するのだ。
これは、企業にとっては、役に立つ情報になる。

マーケティングのコツ。
それは、発想の転換なのかな。

ま、早くサービスが復旧するといいね。
posted by さくらもち at 16:49| Comment(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月20日

スマホ決済

スマホをかざして買い物する姿は、もはや見慣れた風景。

クレジットカード文化も進んでいた海外では、
’現金禁止’のお店さえ増えているのだとか。

現金を持ち歩かないので安全で、
時間や労力も節約でき、
それから、手数料なんかも安い。

最近では、「スマホ決済」サービスに、
QRコード(バーコードに近い)を読み取るシステムも普及して、
ますます、キャッシュレス化は進んでいくのだろう。

・・・だが、ワタシは、もう少しだけ現金にもこだわりたい。
あの、お札を数えるよろこびは、なかなか、手放せないのだ。


posted by さくらもち at 14:46| Comment(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月06日

副業の解禁

社員の副業を認める企業が出てきた。

労働人口の減少が心配される今、
ひとりがたくさん働けるのだったら素晴らしい。

企業からしてみても、
賃金や残業代を増やすことができないので、
自分で稼いでくれればいいといったところか。

ただし、本業に影響を与えないのが最低条件。

とくに、所属する会社の業種以外というのも重要。
だって、ライバル会社で頑張ってしまうと、
そのまま会社の損失になってしまうのだから。

でも、本人にやる気さえあれば、
スキルアップや人脈を広げたりできるのだから、
どんどん副業が可能になればいいんじゃないかな?
posted by さくらもち at 17:05| Comment(0) | ビジネス、お金 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする